メイン

印象photo1

まず、株式会社美彩塗(ヴィサイト)さんについて教えてください

私たちは、主に建物(個人住宅やマンション等)の外壁や内部を塗り直して新築同様に仕上げ、新たな気分で新生活を送っていただく仕事をしています。当社では、長持ちする塗り替え工事をより安くご提供するための工夫と、お客様に喜んでいただくための様々な努力をしています。
具体的には、職人たちにお客様との接し方といったものをしっかり意識して仕事をしてもらうために、独立支援制度を導入しています。これは、「職人+営業」スキル、いわゆる技術面と接客面の習得が出来るようになったと判断された時点で、本人が希望すれば独立開業し、その後の応援を会社が約束するというものです。こうすることによって日頃の仕事にも目標ができ、自然とお客様との接し方ひとつにも心のこもったおもてなしが出来るようになるのだと思います。

安くて、質の高いサービスを提供するライバルは多いほうがいい

人からはよく、給料を払って仕事を覚えさせた上に独立させて、独立後もノウハウを教えてわざわざライバルを増やしているようなものだと言われます。確かにそうかもしれません。しかし、独立させた以上は育てる責任がありますし、独立直後は仕事がいただけることはまずありませんので、しばらくはうちの下請けとして仕事を回し続けます。そのためには私自身が仕事をたくさん取ってこなければなりませんので、私自身のレベルアップにもなっています。しかしいつまでも下請けでは独立した意味がありませんので、私の築き上げてきた「仕事の取り方」や「ノウハウ」を惜しみなく伝授して力を付けてもらい、独立後2〜3年で本当の独り立ちをしてもらいます。
この時点で、強力なライバルが一社誕生したことになりますが、これは自分にもいいプレッシャーになりますし、彼らに負けないように自分が頑張ればいいだけだと思っています。過去に独立させた若い職人たちは、2〜3年で売上規模5000万程の会社に成長しています。

佐々木工業さんのやり方を真似して、よりお客様に喜んでいただけるようになりました

笑顔、挨拶、気配り、期限や時間といった約束を守ること。また、お客様のご要望に対しては、期限内に出来て、かつ料金の範囲内で出来ると判断した場合、いちいち確認しなくても職人の裁量に任せています。そうすることで、スピード感のある質のいいサービスが提供できるようになり、お客様の感謝の気持ちをいただくことが増えたと思っています。
実はこの部分に関しては、佐々木工業さんのやり方をみて真似させてもらったんです。ですから、お客様の大切な持ち家の雨漏りの修理をお受けするときは、すべて佐々木工業さんにお願いしているんです。

佐々木社長とは仕事に対する考え方がとても似ていて、すぐに意気投合しました

佐々木社長とのそもそもの出会いは、3年程前に経営者のための自己啓発セミナーに出席したときでした。もともとそのような勉強の場に同業者がいること自体が珍しかったので、それだけでもうれしかったのですが、何より仕事に対する考え方がそっくりというか、むしろ勉強させられる部分が多く非常に刺激を受けたのを覚えています。
特に印象深かったのは、「自分だけではなく皆で成功したい」、「仲間あっての自分」、「お客様あっての自分」というまさに「For You」の精神でした。
佐々木社長はその時はまだ30歳で、独立一年目。裏がまったくない人柄で、とにかくまわりの人たちからかわいがられるタイプで、彼自身も誰かれなく積極的に触れ合っていく勉強家ではありました。その後佐々木社長の方からいろいろな異業種交流会や勉強会に誘ってくれるようになり親交が深まっていきました。
ちょうどその頃、雨漏り修復や防水工事を適正価格でやってくれるところ、そして安心して任せられる信頼のできる会社を探していたところでしたので、迷うことなく佐々木工業さんとの取引がドンドン増えていきました。
とにかく佐々木工業さんの仕事ぶりは完璧で、技術と接客の両面で他を寄せ付けないレベルを誇っていましたので、私の関係先や取り巻きに「雨漏りや防水の仕事なら佐々木工業」ということでどんどん紹介して、とにかく仕事という仕事をすべてお願いするような状況になりました。

佐々木工業さんはお客様からのお礼が絶えない職人集団

佐々木工業さんの仕事ぶりはとにかく完璧で、質、職人のスタイルともトップクラスだと思います。佐々木社長の人柄が影響しているとは思いますが、まさに会社の隅々まで教育が行き届いているといった感じです。佐々木社長は「お客様の気持ち」をとにかく第一に考える人ですので、現場を決して職人だけに任せません。それは職人を信用していないのではなく、自分自身がしっかり現場に立ってお客様一人一人との関わりを大切にしているということです。そして職人にも誇りを持って働いてもらうために全員を社員として採用して、お客様からご要望が出たときは、出来るだけその場で回答することを徹底されています。この俊敏な対応こそ、一刻を争う「雨漏りの補修」には一番大切なスキルだと私は思いますし、佐々木工業さんがお客様から支持されている理由のひとつだと思っています。

感動した奥様からお礼のFAX

とにかく安心して仕事を任せることが出来るので、本当に助かっているのですが、佐々木工業さんの職人が素晴らしいので、うちがお客様からお礼を言われることが多いんです。先日もあるお宅の外壁塗装の仕事を受けた際、いつも通り「雨漏り修繕」を佐々木工業さんにお願いしたのですが、あまりにも礼儀礼節がしっかりしているものですからそれだけでお客様に喜んでいただけました。
またそのお宅は、足の踏み場もないくらい庭一杯に花が植えられていて、いつも花に囲まれて生活していたいという奥様ご自身がとても大切にされているということが、ちょっとした会話の中で読み取れたそうです。
当然作業をする職人は細心の注意を払ったそうですが、たまたま足場を担当していた業者の職人さんが一部の花の茎を折ってしまったとのことでした。
うちの仕事は外壁塗装ですからこの手のことは珍しくありませんし、だいたいお詫びして済む話なのですが、佐々木工業さんの職人さんは自分たちが折ったわけでもないのに、わざわざ近くのホームセンターまで走り、新しく植え替えるための花を買ってきてすぐに植え替えたということでした。
後になって、いつも見ている庭の花が少し変化していると気付いた奥様がこの職人の気遣いに感動され、次の日にも顔を合わせるにも関わらず、わざわざFAXでお礼をしてくれたことがありました。たった一言お礼を表現された内容ではありましたが、いち早くこの気持ちを伝えたいというお客様のお気持ちが十分すぎるくらいに伝わってきて、いただいた私も感動しました。何より佐々木工業さんと仕事させてもらっていることを本当にありがたく思いましたし、誇りすら感じました。
このエピソードは佐々木工業さんが普段から、お客様の気持ちを第一に考える「For You」という精神を社員一人一人に行き渡らせている何よりの証拠だと思います。顧客第一主義という言葉を使っている会社はたくさんありますが、それを本当に実践できている会社は私の知る限りでは佐々木工業さん以外にはありません。

fax

佐々木工業さんに今後期待されることはありますか

会社のスタイルをより強固にして、今以上にもっともっとお客様に感動してもらえる会社になってほしいと思います。そして私の会社も、料金体系をぶつけられても負けることがない、他社が簡単に真似することのできない総合的なグループ組織を作りつつありますので、お客様にますます喜んでもらうように、お互い今の気持ちを忘れずにこれからも一緒に頑張っていきましょう。
それと同時に佐々木社長は、日本の老人社会を元気で過ごしやすいものにするための壮大な夢をお持ちでいらっしゃいますので、一人でも多くの人たちにその夢を語って、一人でも多くの人たちに仲間になってもらいながら、是非その「夢」を実現してほしいと思います。

インタビューを終えて

株式会社北海道Web  代表取締役 大野 嘉久
株式会社美彩塗の古谷社長には大変お忙しい時期にもかかわらず、佐々木工業様のために快くインタビューに応じていただき心より感謝申し上げます。
お二人の信頼関係の根底には、お客様や仲間に対する考え方が同じという、まさに「類は友を呼ぶ」というものがあるように感じました。
古谷社長はお客様のために、佐々木社長を紹介する必要があると考えているところがありますし、佐々木社長も古谷社長のためならひと肌脱ぐといった気概があり、まさに会うべくして、また組むべくして組んでいるお二人という印象を強く持ちました。
現在そのお二人を中心に、価値観を同じくする同業者数社で組合を立ち上げ、共同仕入れや現場の共有化、また社員・職人の教育などを行っていこうとされています。目的は、より良い「技術とサービス」をより安く提供することにありますが、常に現状に満足することなくお客様目線で考え実行していく、お二人の仕事に対する熱意がこんなところでも形になりつつあります。
インタビューを通じて古谷社長や佐々木社長の考え方に触れるにつれ、私もお二人のファンになりました。理由はお二人とも「他人のために一生懸命になれる人」であるからに他なりません。北海道でご自宅の外壁を塗り直したいとお考えの方、雨漏りの修理を必要とされている方がもしいらっしゃいましたら、私からも両名を推薦させていただきます。

◇一般建築塗装(外装・内装)・家具塗装などは
 株式会社 美彩塗(ヴィサイト)
 代表取締役 古谷 敏也 
 札幌市北区新川3条16丁目3−20
 TEL 011−763−7788

◇雨漏り修繕・防水の関することなら
 株式会社 佐々木工業
 代表取締役 佐々木 裕
 札幌市東区東雁来4条1丁目2−13
 TEL 011−790−8156


印象photo2

車庫の床塗りを佐々木工業に依頼された、笹岡様にお話をうかがいました。

まず、笹岡様が佐々木工業に床塗りの依頼された経緯を教えてください。

家を新築した時、車が好きで車庫を広めに取ったまではよかったのですが、コンクリートの打ちっぱなしでは見栄えが悪いので、多少お金をかけてもしっかりとしたつくりにしようと思って床塗りの業者を探しました。その時たまたま近所に住んでいた青年が、創業して間もない佐々木工業さんに勤めているという話を聞いて早速相談したのがきっかけです。

創業したての会社に大切な車庫の床塗りを任せることに、不安はなかったのでしょうか?

確かに、長年やっている会社のほうが安心して任せられるということはあると思います。ただ、佐々木社長自ら挨拶に来てくれた時、若くて元気があって、礼儀もしっかりしていて非常に好感のもてる印象があったので、この人ならちゃんとやってくれると思って安心して任せることができました。

すぐに工事が始まったのでしょうか?

正直に言うとできるだけお金をかけたくなかったので、とりあえず上っ面だけでも綺麗にしてもらえればいいという具合に考えていたのですが、佐々木社長の方から、雪害を考えた冬対策をしっかりやっておかないと、すぐに塗り直さなければならないような事態にもなりかねないということで、具体的な工事内容の提案をされました。

提案された工事内容とはどんなものだったのですか?

工事日程が3〜4日かかってしまうが、最低でも3度重ね塗りさせてほしいと言われました。そして頑丈な床に仕上げるために、一番上には傷に強いコーティングをさせてほしいとも言われました。そうすることによって摩擦や衝撃にも耐えうる丈夫な床に仕上がるということでした。
タイヤ交換の時などに使ううちのジャッキは、修理工場で使っているような本格的なやつで、車が鉄でできてるし、重量が非常に重たいものだけど、3年たった今でも傷や凹み、塗装のはがれなどが一切発生してません。
よくコンクリートの床や、その上に塗装処理がされているところでも細かいひびが入っているのを見たりするけど、お陰様でうちの車庫にはひび割れやはがれがご覧のとおり一切ないでしょ?

他には何か提案されませんでしたか?

これは強く勧められたのですが、砂入りの滑らない加工をさせてほしいと言われました。当然コストはかかるけど、こうすることによって、雪の降る季節になって床に落ちた雪が解けて濡れた状態になっても滑って転ぶというような心配はなくなりました。
当然防水加工もばっちりやってもらったので、床に水が浸み込むこともありません。

床塗りを佐々木工業に頼んでよかったというわけですね?

とにかく頑丈に仕上げてもらったので、傷やはがれがまったくなくて、非常に快適に使わせてもらっています。
休みの日などはこの車庫で大好きな車をいじっているのが楽しくて仕方ありませんね。

佐々木工業さんに何か希望などはございませんか?

油汚れのようなものを洗える洗剤や色を保つ方法などがあれば教えてほしいかな。
知り合ってから3年くらいですけど、たまに近くに来たと言っては顔を出してくれるし、床の状態などを確認してくれてるので、本当に頼んでよかったと思ってますよ。

佐々木社長より一言

たとえ小さなものでもひび割れが発生すると、そこから水が入り込んで、中にある鉄筋が錆びついて、結果床自体がもり上がってきて、また余計な出費がかさむということになるんです。
また、冬場対策をしっかりしていないと、雪が解けて出来た水がコンクリートに浸み込んで、ひび割れの場合と同じく、中にある鉄骨を錆びつかせ、コンクリート自体の劣化を早めてしまうことにもなってしまいます。
笹岡様のお宅では、すべての懸念をなくすための処理をしっかりやらせていただきましたので、3年経った今でもクラック(ひび)やはがれがひとつもない状態を保っています。
年数が経った今でも、お客様の喜んでおられるお顔を拝見すると、遠慮せずにしっかり提案して、自分自身が納得のいく仕事をやっていてよかったとつくづく思います。
これからもお客様にとって一番いい状況を作り上げるために、しっかり勉強して提案し続けますので、よろしくお願いいたします。
また今回の取材を快くお受けいただきました笹岡様には本当に感謝しております。この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

↑ ページの上部へ